0120-587-250営業時間:10:00〜18:00(火・水曜定休)

【お気に入りの逸品】T様邸 No.834 ~バーやフック、取手などの真鍮製品~

2023年3月14日(T)
こだわってつくったおうちだから、身のまわりに置くものも、お気に入りを吟味したい。そんな気持ちで集められた品々を、リノベーションの先輩に紹介していただく「リノベの先輩のお気に入りの逸品」。今回のリノベの先輩は、20年近く住んだマンションを、ご夫婦と愛猫が心地よく暮らせるようにリノベーションしたT様。リノベを機に手に入れた憧れアイテムや、こだわって探したものなどを教えていただきました。

Vol.1:ダイニングテーブル&チェア
Vol.2:ウッドワンのカップボード
Vol.3:ハニカムスクリーン
Vol.4:バーやフック、取手などの真鍮製品
 

触れるたびに嬉しくなるもの、家じゅうに

リノベーションは、自分自身の「好き」についてゆっくり考え、モノへの価値観を棚卸しする作業でもあります。
「私ってこの素材になんだか惹かれるみたい」「気付かなかったけど、この色のものが身の回りに多いな」…などなど、多くの選択を経ながら、一つひとつお気に入りを集めていくと、それらの共通点に驚くことも。

T様の場合、リノベーションの小物類でこだわったのは真鍮素材。すでにご紹介いただいたウッドワンのカップボードに付けた取っ手も真鍮製で、手作りサイトから作家さんに直接サイズオーダーしました。また、リビングと室内窓でつながった書斎の窓際にも、真鍮のハンガーバーが。

ハンガーバーは洗濯物のちょっと掛けだけでなく、ハンギングプランツや雑貨が飾れるため、リノベーションで設置する人が多い人気アイテム。ブラックやホワイトに塗装したアイアンが主流のイメージですが、真鍮製のものはレアかもしれません。「そうなんです。これも探して、大阪北部にある『上手製作所』でつくられているものを見つけて購入しました」とT様。

また、寝室入り口に設置した真鍮製コートフックは「ささやかだけど、意外と便利!」を実感しているものとしてご紹介いただきました。「こちらは『SCOPE (スコープ)』のもの。スコープは食器も好きでよくサイトを見ているのですが、あるとき真鍮無垢のこのパーツを見つけて。寝室のこの位置にあるので、しまう前の服やコートなどを掛けられて、小さいけれど重宝しています」。

ほかにも、収納の取っ手やペンダントライトなど、おうちの所どころに真鍮素材が。北欧モダンのインテリアに、古びた味わいや重厚感をほんの少しだけスパイスとしてプラス。洗練とぬくもりのバランスも見事なT様邸でした。。
 
【逸品Data】
カップボード取っ手:Creemaでサイズオーダー ひとつ1,000円台~
アイアンバー:上手製作所 3万円くらい?
真鍮ネジ式 フック 2型:SCOPE 3,400円

今回お話を伺ったTさま邸はコチラ


お気に入りの逸品|カップボード マンションリノベーション カップボード取っ手 真鍮お気に入りの逸品|カップボード マンションリノベーション 収納取っ手 真鍮お気に入りの逸品|カップボード マンションリノベーション 収納
毎日手に触れるものは、好きな素材のものを。照明にも真鍮素材をリフレインしました。

お気に入りの逸品|アイアンバー マンションリノベーション 真鍮
お気に入りの逸品|アイアンバー マンションリノベーション 真鍮お気に入りの逸品|コートフック マンションリノベーション 真鍮
一つひとつ自分の「好き」に忠実に、妥協せずに探した小物は、ずっと愛着がもてます。
 
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest