0120-587-250営業時間:10:00〜18:00(火・水曜定休)

外は寒いけど家ではあったかく過ごしたい。そんな家族のリフォームとは?

2016年11月1日(T)

少しずつ風が冷たくなり、日に日に秋も深まってきていますね。今年は厳冬になる、という予報も…。 そんな厳しい冬でも家族みんながぽかぽかあったかく過ごせるお家にするにはどんなアイディアがあるかご紹介します!



【1】無垢材のフローリングで、床の冷たさを解消!
無垢材のフローリングで、床の冷たさを解消!|暖かい家にリフォーム・リノベーション事例
自然の木をそのまま使った無垢材のフローリングは、材料自体が空気を含んでいるので足がヒヤッとしません。 特にパイン材は含まれる空気が多く断熱性が高いので、そのあたたかさも人気のひとつです。
事例no.241

【2】 空気を乾燥させない床暖房、無垢材フローリングとの相性も◎
空気を乾燥させない床暖房|暖かい家にリフォーム・リノベーション事例
冬は暖房によるお部屋の乾燥も気になりますよね。床暖房は風をおこさず輻射熱でお部屋全体をあたためるので、空気が乾燥しないのがメリット。床暖房でも使える三層無垢フローリングと組み合わせれば、ますます木のぬくもりのある あったかいお部屋にすることができます。
事例no.503

【3】 ペレットストーブの炎で癒されるあったかな家
ペレットストーブの炎で癒されるあったかな家|暖かい家にリフォーム・リノベーション事例 ペレットストーブを設置|暖かい家にリフォーム・リノベーション事例
ペレットストーブは、木材を細かく砕いて圧縮した「木質ペレット」を燃料とするストーブのこと。 その魅力は、炎ならではの抜群のあったかさ!さらに炎のゆらぎを眺めていると癒しやリラックスができる効果も。 スタイル工房横浜店でも本格的に寒くなったら実際にお店でペレットストーブを使う予定です。ぜひそのあったかさを体験しに来てください。
事例no.493

【4】 1階だったリビングを、2階に移動してあったかく
1階だったリビングを日当たりのよい2階に移動|暖かい家にリフォーム・リノベーション事例
住宅密集地では2階の日当たりが良いおうちが多いので、1階リビングを2階にするリノベーションが人気です。 1階と2階では床の温度に差があるので、冬でも暖房がいらないほど、ぬくぬくあたたかくなるお家も。 日差しが入ることで明るいリビングも実現できます。
事例no.501

【5】 窓を2重に!インナーサッシをとりつける
窓を2重に!インナーサッシをとりつける|暖かい家にリフォーム・リノベーション事例 インナーサッシを取り付ければ窓の断熱性が格段にアップ!|暖かい家にリフォーム・リノベーション事例
家の熱のおよそ50%が窓から逃げると言われていますインナーサッシを取り付ければ、窓の断熱性が格段にアップ! カビの原因にもなる結露も解決しますし、防音性がアップする嬉しい効果もありますね。
事例no.415

色々な方法であったかい家を実現した事例をご紹介しましたが、実はその熱を逃さない断熱性能も大切なポイントです。断熱も様々な方法があり、お客様の感じる寒さの度合いや家の築年数、ご予算によっても提案が変わるので、気になる方はぜひプランナーにご相談くださいね。
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest