0120-587-250営業時間:10:00〜18:00(火・水曜定休)

居心地アップで至福の眠りへ♪寝室リノベーションでマネしたい事例集めました

2024年7月7日(S)
プライベートな場所だからこそ思いきり自分好みに、居心地にこだわりたい寝室。リビングと比べるとインテリアの要素は少な目ですが、その分理想を実現しやすく、住む人のライフスタイルが表れる場所でもあります。睡眠の質を向上させる寝室のリノベーションで、参考にしたい事例を集めてみました。

――――――――――――――――
目次

――――――――――――――――

柄+色で自分らしく。アクセントクロスで安眠を演出

【マンション|築4年|リノベ面積 約42㎡】


たとえばこちら、セージグリーンの壁の一面をヘリンボーン風の柄クロスで彩った例。
同系色で揃えることで統一感もあり、まるで外国の邸宅のような雰囲気に仕上がります。


こちらのお客様は築浅のマンションを購入し、LDKも好きなクロスでリノベーションしました。
寝室のくつろぎモードとは一変、リビングはイエローを使ったフレッシュなイメージ。
このように、空間の用途に応じてクロスを変えるのはぜひマネしたいアイデアですね。

この写真の事例詳細はこちら:No.847 Find my style -2匹と家族-
 

リビングはフローリング、寝室は柔らかいカーペット

【マンション|築26年|リノベ面積 約52㎡】

LDKと寝室で貼り分けるといえば、壁だけでなく床もおすすめです。

こちらのおうちは、リビングの床はナチュラルな風合いが魅力の天然木の突板フローリング。


寝室の床は、落ち着いたベージュのカーペットにしました。
足ざわりが優しく、冬に素足で歩いてもヒンヤリしないので、寝室にぴったり。
カーペットの他には、柔らかいコルクタイルなどもよく採用されています。


この写真の事例詳細はこちら:No.907 本も喜ぶ住まい
 

シンプルがいちばん。収納と組み合わせて使いやすく

【マンション|築36年|リノベ面積 約81㎡】


ビルのワンフロアという恵まれた環境を生かして、シンプルにまとめた寝室。
2面の窓からの光で、朝も清々しい気分で目覚められそうです。


たっぷり収納できるウォークインクロゼットを隣接し、リビングと室内窓でつなげました。
すっきりと要素を絞りつつ、動線や使い勝手がしっかり考えられた寝室です。

この写真の事例詳細はこちら:No.905 受け継ぎ、慈しむ ~ギャラリーのようなすまい~
 

今夜はどれ観よう?シアタールームと寝室を兼ねて

【マンション|築22年|リノベ面積 約107㎡】


先ほどのおうちと同じく、ミニマムなインテリアでまとめられた寝室。


夜は最低限のダウンライトと、低い位置のペンダントライトでゆったり、安眠できそう。


……と思ったら、ベッドの向かいには大型のモニターとスピーカーが。
造作された本棚には映画のDVDでしょうか?
寝る前のひととき、ゆっくり映画鑑賞が楽しめる寝室です。

この写真の事例詳細はこちら:No.837 思い出をつなぎ余白のある暮らしを
 

DIYでペイントしたアーティスティックな空間で眠る

【戸建て|築38年|リノベ面積 約97㎡】

最後は戸建ての例をご紹介します。

緑に囲まれた郊外に中古住宅を購入し、「アフリカの大地」をテーマにリノベーションしたおうち。
リビングは窓からの木立ちもデザインの一部として、大らかな自然を感じさせるインテリアに。


寝室はお客様ご自身で壁をペイントし、思いきりアーティスティックな空間に。
ここまでの仕上がりはなかなか難しくても、DIYを楽しむなら寝室はオススメの場所。
プライベートな空間なので出来栄えを気にしすぎなくてもよく、家具が少なくやり直しもしやすいのです。

この写真の事例詳細はこちら:No.855 大地の息吹を感じる家
 

まとめ

ひと言で寝室といっても個性豊かで、住む人のライフスタイルが表れる寝室。安眠できる環境は一人ひとり違うため、リノベーションの打合せでは普段お休みになる時間や眠る前の過ごし方、どのように目覚めるかなどを細かくヒアリングしています。
「いまは家族みんなで寝ているけど、子どもは○歳くらいで1人で寝られるようにしたい」「仕事の時間がずれているので夫婦別々に寝ているけど、定年後は寝室をひとつにしたい」など、将来の計画も含めてお話しください。人生が豊かになる眠りのための空間をご提案させていただきます。
 
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest
  • youtube