リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > 施工事例一覧 > ビンテージマンションを自分色に

事例No.438ビンテージマンションを自分色に

夫婦2人がゆったり使える広々としたLDKと寝室を

名前 K様邸
建物種別 マンション
築年数 築 41 年
対象面積  75 ㎡
費用  799 万円
工期  2.5 ヶ月
twitter facebook
 = お気に入りに追加
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

3LDKよりも、いま夫婦で使うならゆったり1LDK

Kさん夫婦が「ワンストップサービス」で購入したのは築41年の中古マンション。75㎡もの広さがありLDKを真ん中に玄関側に1室、バルコニー側に2室というファミリー仕様の間取りでした。

「いまは夫婦ふたり、ゆったりと楽しく暮らしたい!」と南の洋室の壁を取り払い、広々としたLDKにリノベーション。LDKのほかは寝室1室という、1LDKへの大胆な間取り変更です。
壁付けだったキッチンも対面式のカウンターキッチンに変え、その日の出来事など、お互いに話をしながらお料理を楽しめます。夫婦のお友だちもよく遊びに来るそう。部屋数は減ったものの、すっきり暮らせるよう、LDKには納戸を設けました。水色の壁の、アールの壁がその部分。こんな楽しいデザイン、納戸だなんて誰が思うでしょうか!

また、いまは夫婦ふたりですが、将来家族が増えたときのため、リビングの一部を仕切って子ども部屋にできる仕様に。照明や窓などが計画して配置されています。

ポップでラフだけど、どこか優しい。これが「私たち色」!

こちらのリノベーション、印象的なのが「カラーの使い方」。リビング納戸の水色もそうですが、リビングにはもう一色、グレーのアクセントクロスが。
ほかにも、パイン材を白く塗装したキッチンカウンターやその後ろの黒板、収納のルーバー扉はビビッドなイエロー。たくさんの色がケンカせず楽しい効果を出しているのは、それぞれの素材の質感がいかされていて、ビンテージの味わいも残っているからかもしれません。

こちらのリビング、天井を上げて、躯体をそのまま見せているのですが、梁も補修用に貼っていた木製の板のまま。これは、この雰囲気を気に入ったKさんの希望だそう。確かに、途中で色の違うウッディな質感がラフでかっこいいですね。
リビングだけでなく、廊下も片側はグレーのアクセントクロスが。床はナラ材のパーケットで、リビングとはまた違った表情を楽しめます。パーケットというのは、木片を集めて作られたフローリングで、寄木細工のような美しい模様が特長です。
寝室に使ったのは深いブルー。柔らかいコルクタイルの床とともに、一日の疲れを癒すのにぴったりの色・素材づかいです。

 

収納の工夫、既存をいかす工夫がうれしい!

LDKの納戸のほかに、玄関には洋室の一部のスペースを取り込んだ、大容量のシュークロークを設けました。壁には季節ごとの靴もたっぷり収納できるオープンな棚がたくさん!靴のまま入れて、傘を置いたり、外出時の上着を脱いでしまうこともできます。
リノベ前は洋室それぞれに押し入れとリビングに物入れ、という収納でしたが、リノベで全体の収納量は大幅にアップ。外出用の上着や靴はシュークローク、下着や洋服は寝室のクロゼット、それ以外はLDKの納戸へ…というように使う場所の近くに収納を集約させることで、片付けもしやすく。納戸もシュークロークも、棚はあまり細かく仕切らず、大きなものもしまえるよう、あえてフレキシブルにしました。

また、キッチン横の収納のドアは、もともとあった押入れのもの。再利用して黄色く塗装し、ガラッと雰囲気を変えました。玄関ドアも既存のものを山吹色に塗装。
キッチンも比較的新しかったため、交換はせず場所を変えて使用しました。全てを新しく変えてしまうのではなく、もともとあるものも自分たちの好みに合うよう工夫することで、予算を抑えています。

「プラン、予算ともに納得のリフォームができました!」とKさん。いまも楽しく、これからも楽しみ!なふたりの新居ができあがりました。

☆工事内容

マンション内装改修工事 マンションリノベーション 中古購入リノベーション
・床:パイン無垢材(LDK)
・床:ナラ材パーケット(廊下)
・床:コルクタイル(寝室)
・キッチンカウンター :パイン材
・洗面カウンター :アッシュフリー板

プランナー:黒沢 拓也
施工管理:大平 祐輔

g

twitter facebook
 = お気に入りに追加
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

おすすめ事例

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest