Vol.18<後編>物件の決済からお引き渡しまで ~住宅ローン本審査編~

2020年2月24日(M)
新築もいいけど、好きな街で、オリジナルの暮らしがしたいなら中古を買ってリノベーションするのがおすすめ!
でも、中古物件ってどうやって探せばいいの?というギモンにお答えします。前回は売買契約までを詳しくお伝えしましたが、それが終わるといよいよ住宅ローンの本審査の手続き!
リノベーションをする方は、リノベ会社とプランの打ち合わせを本格的に開始するタイミングでもあります。
プランの検討を始める前に、リノベ会社のプランナーと現地調査に行き、物件を実際に確認したり、採寸・撮影などを行う場合もあります。


本審査はどれくらいの期間がかかるの?
本審査は通常、申請後1週間ほどで結果が出てきます。
ただし、ネット銀行などは結果が出るまでに1ヶ月~2ヶ月ほどかかってしまう場合もあるため、注意が必要です。

!!注意ポイント!!
ネット銀行のローンは金利が安く魅力的ですが、審査の結果が出るのが遅かったり、申請における諸々の手続きを自分自身で行う必要があります。
そのため、都市銀行等に比べると、時間と手間がかかるというデメリットがあります。
さらに、リフォーム費用を物件購入費と一緒に住宅ローンに組み込むことができないネット銀行も多いため、必ず事前に確認しましょう。


適用される金利はいつ確定するの?
ローンの事前審査や本審査が承認されると、金融機関から、実際に適用される金利について案内があります。
この金利は全員が一律ではありません。
買い主の勤務先の規模や年収、頭金の額や年齢などによって、金利の優遇幅は変わってくるのです。

!!注意ポイント!!
実際に適用される金利は本審査通過時のものではなく、ローンの融資が実行される日(引き渡し・決済日)が属する月の金利が適用されます。

ローンの本審査が通ったら?
ローンの本審査が通ったら、金融機関とのローンの契約「金銭消費貸借契約」、略して金消契約(きんしょうけいやく)を締結することになります。

金消契約は通常、物件のお引き渡し・決済日の1〜2週間ほど前までに締結する必要があります。
銀行と金消契約を締結すれば、あとは物件の引き渡しを待つのみです。

この後の引き渡し・決済の流れについては、Vol.14<前編> 物件の決済と引き渡し当日の流れをご参照ください。

 
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest