築古戸建てリノベ@新宿区の完成現場見学会を開催しました。

2019年11月4日(M)
築古リノベ完成現場見学会の様子築古リノベ完成現場見学会の様子
11月連休の中日だった3日(日)、築58年の戸建てをリノベーションしたお住まいで、完成現場見学会を開催いたしました。午後からは雨が降る…という予想でしたが、なんとか見学会終了まで空が堪えてくれて、雨に降られることもなく、大盛況の見学会になりました。

密集地に建つ築58年のお住まいを耐震補強・断熱工事、外装・外構工事も行い生まれ変わった姿に。間取りや階段の位置も見直し、動線も考慮された暮らしやすそうなお住まいでした。
そこかしこに既存の建材が移設・再利用されていたのも見所。

今回もそんな見所ポイントをご紹介します!

1.既存を移設・再利用、想い出を残しつつ、暮らしやすい住まいへ
築古ならではの趣のある窓枠や造りを再利用することで、どこか懐かしさを感じられるお住まい。
例えば、玄関入ってすぐ横の照明と障子
照明は以前のお家でも玄関に使われていたものをそのまま移設して再利用。その下にある障子も玄関右手にあった障子を位置を変えて再利用しています。夜になると障子の小窓から、照明のやわらかい光が室内側に漏れる様子が素敵でした。
築古リノベ完成現場見学会の様子|以前の様子築古リノベ完成現場見学会の様子|改修後

キッチン背面の収納に使われている戸は、以前は木製ガラス窓。取り外して、保存し、とても素敵な収納扉に生まれ変わりました。
築古リノベ完成現場見学会の様子|以前の様子築古リノベ完成現場見学会の様子|改修後

1階リビングには以前の和室の天井の設えが空間のアクセントになっていました。
築古リノベ完成現場見学会の様子|以前の様子築古リノベ完成現場見学会の様子|改修後

2.家事がスムーズな動線
1階はLDKと水周りが集まっていて、スムーズな家事動線の工夫がされていました。
LDとつながるオープンな対面式キッチン、そこからまっすぐ進むと洗面・浴室へ。
朝の忙しい時間も朝食準備、洗濯、出かける準備まで、1本道でスムーズです。

築古リノベ完成現場見学会の様子|改修後
キッチンから左に進むと、トイレ、洗面・脱衣所が…

3.こだわりパーツ・タイル
玄関を入ってすぐに目に入るタイルの壁。キッチンを玄関側からさりげなく隠しているこちらの壁のタイルは、プランナーからの提案だそう。27種類もの違うパターンが1枚ずつセットされていて、貼り方が難しそうですが…とてもバランスよく施工されていて、いつまでも飽きずに眺めていたくなるアクセントウォールでした。
築古リノベ完成現場見学会の様子|改修後

そしてそのタイル壁につけられたトグルスイッチ。最近人気のトグルスイッチは他の見学会現場でも見られますが、今回のはちょっと違いました。

築古リノベ完成現場見学会の様子|トグルスイッチ
なんとプレートが木製!メープルだそうです。おもわず自慢したくなるようなスイッチですね。

今回は玄関ドアにもこだわりが。
玄関ドアは、木製に見えても実は「木目調」ということが多いですが、こちらの玄関は本物の「木製」。植林木である「欧州赤松(パイン)」で製作されたドア。
今回のお住まいの雰囲気にもぴったりでした。木製ですが、断熱性もきちんとある、高性能木製断熱玄関ドアです!

築古リノベ完成現場見学会の様子|玄関ドア


他にもご紹介しきれないほどたくさんの見所があった今回の見学会。
リノベしたばかりのお住まいを見学会会場とすることにご快諾くださったお施主様のご厚意に深く感謝いたします。

そして、連休の中日にもかかわらずご見学にいらっしゃったお客様も、ありがとうございました!築古のお住まいの改修を考えていらっしゃる方、中古戸建ての購入を検討されていらっしゃる方など、さまざまでしたが、参考の一助になりましたなら、幸いです。

今回来れなかった…という方も、また機会があればぜひスタイル工房の見学会に足を運んでみてくださいませ。

次回の見学会は、ワンストップリノベーションで戸建てを購入&改修されたお住まいです。中古を買ってリノベを検討されている方はもちろん、今の住まいのリノベーションを検討されている方にも内装や素材など見ていただけると思いますので、ぜひご予約・ご来場ください!
11/16(土)「オープンリビングで つながる家族の家」
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest